診療時間
9:30~20:00 - - -
9:30~14:00 - - - - ※1 - -
9:30~17:00 - - - - - -

※1(その週の祭日がある場合20:00まで)

休診日 日曜・祭日

一般診療

歯の寿命を延ばす治療

当院では歯を削って生活に支障を出さないための治療ではなく歯の寿命を考えた治療を行っております。

インプラント治療

心から楽しく食事する

インプラント専門医による正しい治療で周りの歯や顎の骨にも負担なく楽しく食事できるようになります。

入れ歯治療

顎に合った入れ歯を

従来の入れ歯と異なった新しい技術「スマイルデンチャー」で見た目も付け心地もすっきり快適になる義歯治療

矯正治療

歯並びが気になる方へ

歯並びが気になる、食べ物を口に含んだときに顎が痛い方やお子様へ。ワイヤーを使わない痛くない矯正治療

審美治療

歯を白く美しく

歯を美しく綺麗で白い歯でいたい。当院では医院と自宅両方でケアすることができる審美治療を行っております。

POIC研究会認定「歯科治療水安全施設」として認定されました

上田歯科医院|「歯医者の選び方」

新型コロナウイルス感染症予防対策

当院の採用に関して

医療法人 九州恵会

医療法人 九州恵会

覚悟の瞬間 医療法人九州恵会 上田歯科医院 上田倫生

スーパードクター


HISTORY

TOKYO MX「HISTORY」の番組内で紹介しきれなかったロングバージョンの映像です。 よければご覧ください。


【お知らせ】寝たきりになりたくないなら「ぽっちゃり」が
ちょうどいい 3つの習慣でフレイルを防ぐ

当院九州恵会理事長・上田倫生による著書を出版させていただくことになりました。「最も死亡率が低かったのはBMI27台の人」という統計データとより健康でいるための3つの習慣をご紹介。健康の新常識を理解し、「フレイル=虚弱の状態」を理解し、寝たきりにならない生活のコツを習慣にしてみては

amazonへのリンクはこちら
NEXT ERA LEADER'S 医療法人九州恵会 上田歯科医院 上田倫生

日本語訳はこちらをクリック

覚悟の瞬間 医療法人九州恵会 上田歯科医院 上田倫生 私の道しるべ 上田歯科医院 上田倫生 amazonにて出版のお知らせ

皆さんが知ってる「免疫力」、自分は身体に気を使ってるから大丈夫と思ってますか?

身体が、色んなウィルスや細菌に侵されても自身の身体でやっつけてくれるのが

「免疫力」或いは「体の抵抗力」と言われるものです。今特に新型のコロナウィルスで日常的に言われ、対策の運動や食べ物が言われています。

何を、皆さんは免疫力を高めるためにやっていますか? 「しっかり毎食食べてる」とか、「野菜を意識して食べてる」とか、「〇〇が身体に良いから摂っている」色々と自己防衛的にやられていると思います。

食べたもの、やったことが本当に身体に役立っていると思いますか?食べたものが身体にちゃんと吸収してると分かりますか?

もちろん、                                   疲れを知らない身体、元気が満ちてるから、今やっているからコレだけで済んでるとか

自己満足に部分に頼っていることが多いことが分かっています。血液検査やその他の検査でしっかりと判断して評価を自分に役立てる機会が少ないからです。

そこで、お金を掛けずにまずできる事、確実に自分の身体の免疫力を上げる方法をお伝えしたいと思います。

⑴ 体温を上げる。

聞かれたことがあると思います。体温が1度下がると免疫力が30%下がるとも言われています。簡単なことです、細菌やウィルスが身体に入ってきた時体温が高い人と低い人、どちらが細菌やウィルスは弱るでしょうか。

そうです! 体温が高い人の方が細菌やウィルスをやっつける力が高いことになります。

⑵ 暖かい服装を心掛ける。

もちろん、身体の体温を下げない為ですが、例えば就寝するときも部屋全体の保温も必要です。冷たい空気を吸って身体を冷やすようになってはいけません。

⑶ 白湯を飲む。

もちろん、白湯でないといけないかと言うとそうでもなく、腸の負担の問題もありますが暖かい飲み物を取ることを心掛けて下さい。

⑷ 軽い運動をする。

ほとんどがスローストレッチなどと、各世代の運動しない状態を解決する為に色んな「動き」が言われています。スクワットなどが一番有名で各方面で勧められます。手で支えてでも良いので

まず「今日は身体を動かした」と言ってみませんか。

これらによって、ウィルスなどの感染にご自身の身体で防御できるようにしましょう。

炎上商法!! コロナでも炎上!

何も売り込もう、と言う話ではありません。

よくSNSで「炎上」すると言いますが、あえて暴露本的に内情を否定的に書いて読者の興味・関心を引こうとする方達がいます。

糖を否定しておきながら私生活ではしっかり食べてるとか。歯科医の内容を歯科医が否定しながら自院ではほかの先生がその否定した治療をチャッカチャッカとやって収入を得てるとか、少し読みかけるだけで「炎上商法」の匂いがプンプンします。

私は王道で、医療人として話していこうと思う気持ちは絶対かえません。

今、コロナ感染は行き詰り感がぬぐえません。一般の方、私も、3密を防ぎ、手洗い、嗽を地道に行うだけです。

それが一番の基本であり、一番の予防・感染を防ぐ方法だと信じます。確信します。

そこに、食事、補助的にサプリ等使用するのが一番です。

日常的に、今のお使いの調味料を再考するとかが、感染に一番の予防法の一歩になります。

それを、油が・・とか、塩が、、、砂糖が・・・

「あなたの身体を壊します」「あなたの歯周病を悪化させます」

「あなたの精神を破壊します」

それを言って、一般の方を脅しても

今の日本の手に入る「食」には否定された油・食塩・砂糖が入ってないものはないのが現実です。

だから、足し算と引き算でプラスとマイナスでゼロ、身体に害になる分を減らす知識を得ることが重要になるのです。

身体にプラスの食べ物、マイナスの食べ物、足し算する食べ物、引き算できる食べ物 を知って毎日の食事で、週間の食事で少しでも結果的に良い方向になるような結論に辻褄を合わせられる知識を得るようにする事です。

最新情報ですが、血液検査で我々歯科医師は歯周病や口腔保健の状態を検査値から読影しますが

米バーモント大学Cedars-Sinai病院の研究者らは、Biocogniv社が開発した一般血液検査から感染確率を予測するAIソフトウェア「AI-COVID」の性能を、学術誌 Journal of Medical Internet Researchに報告した

コロナの感染を血液検査から予測することができるようになると、救急で運び込まれる患者さんからコロナに感染したり、コロナの感染を疑って検査のために治療が遅れたりすることがなくなると医療に携わる人には福音になるのは、今の医療がひっ迫している現状には必要だと思います。

身近になってきてる新型コロナ、今最初にすべきことは?

警戒ステージ2引き上げ 各地でクラスター/長崎

県内もクラスターが佐世保や長崎でも発生してる報道が出ています。

今こそ、

うがい、手洗い、三密を避ける事                         は当然に行うことですが、

市中でのマスクの着用率が84%と室内、移動機関の中の90%越えに比べると下がってきていると西村大臣が発言されてました。

「密」から言うと戸外では「マスクは使用しないでいい」とのメッセージではなかったかと思います。

間違ったメッセージを今まで受け取っていたのでしょうか?

でも、皆さんには愚直に

「自己免疫」を上げる事

を実行して頂きたいです。リンパを上げる事や食べた食事の栄養価を身体に効率よく取り入れる方法の実行です。

食べているんだから、「食べた栄養価は身体に取り込まれている」と妄信的に思っていませんか?

例えば、  熱中症  毎年何万人と救急車で運ばれますよね。

この方たちが、

水分を摂っていなかった!

違います!! 身体に水が吸収できてない人が多いのです。

飲むと、食べると、

身体に入るるけど、 身体が吸収、取り込めているか?

取り込めてないなら 「熱中症」になってしまうと考えられています。

だから、「こまめに水分を補給してください」と言うアナウンスになるのです。

「コレを食べてます」

だから大丈夫と思っていませんか?

どうしたらいいか、次回お伝えしたいと思います。

口腔内フローラ

カテゴリー: 未分類 | 口腔内フローラ はコメントを受け付けていません

その顎の痛み、頭痛、知覚過敏、TCHが原因かも!

TCHとは【食事以外で上下の歯が触れてしまう癖】のこと(Tooth Contacting Habit=歯列接触癖)。この癖があるだけで下にあるようなたくさんの症状を引き起こす可能性があります。

  • あごの関節の痛み
  • 頭痛、肩こり、首の痛み
  • 知覚過敏
  • お口が開けづらい
  • 歯に違和感、痛み

歯が触れるのは1日20分以下

実は上下の歯が触れるのは、基本的には食事のときのみ。時間にして1日20分以下です。そう、ほとんどの時間は上下の歯は触れていないのが正常な状態なのです。「歯ぎしり」「食いしばり」といった大きな力がかかっている場合はもちろんですが、軽く上下の歯が触れているだけでも様々な症状を引き起こすことが、この15年で広く知られるようになってきました。

実は2割がTCHあり!

健康な人でも、およそ2割の方にTCHがあると言われています。それにもかかわらず、自覚している方はとても少ないのがTCHの特徴です。今は症状があらわれていなくても、いずれ問題を引き起こす可能性がありますので、まずは下のセルフチェックをして、もしTCHがあればできるだけ早期に対応することが大切です。

まずは簡単にセルフチェックを

どちらかに当てはまる場合、TCHの可能性があります(当てはまらないからといって必ずしもTCHではない、とは限りません)。もしTCHの恐れがある場合は、様々な治療方法がありますので、どうぞお早めにご相談ください。

準備

1.正面を向いて、上下の唇を軽く閉じる
2.その状態で上の歯と下の歯が接触しないように軽く離す

以下のような症状がある場合は注意が必要です。

口の辺りに違和感を感じる
そのまま数分間維持できそうにない。

もし上記のような症状がありましたら、お近くの歯医者さんにお早めにご相談ください。早めの治療、発見がより歯を健康な状態にし、いつまでも楽しく食事ができることにつながります。

カテゴリー: 未分類 | その顎の痛み、頭痛、知覚過敏、TCHが原因かも! はコメントを受け付けていません

電動歯ブラシだけではダメですか?

カテゴリー: 未分類 | 電動歯ブラシだけではダメですか? はコメントを受け付けていません

注意仮歯の放置は必ず後悔します!

仮歯は治療途中に一時的に装着されるものです。その役割は患部を守る・見た目を良くする・歯と歯の間隔を維持するなど、さまざまな目的で作られます。しかし、これはあくまでも一時的なもの。「とりあえず問題がないから」といって仮歯をそのまま使い続け通院をやめてしまうと、大きなトラブルの原因となります。

トラブル1 新たなむし歯になる。

仮歯はあとで取り外すことを前提として作られています。そのため、「仮着剤」という材料を使っており、放置するとそれが溶け始め、仮歯の隙間にプラークが入り込みます。すると、そこから新たにむし歯が発生してしまいます。

トラブル2 治療がやり直しになる可能性がある。

仮歯はやわらかいプラスチックでできているため、簡単にすり減っていきます。すると、向かい合わせの歯が出てきて、すでに製作済みのかぶせものがはまらなくなったり、大幅なかみ合わせの調整が必要になるなど、治療がやり直しとなる場合があります。

仮歯の放置は必ず後悔します!

仮歯は仮着剤で固定されているため、いずれ必ず外れます。そのさい、もし新たなむし歯ができていたり、治療がやり直しになったら、それまでの時間や費用はもちろん、大切な歯までもが無駄に失われてしまうかもしれません。仮歯は治療が完了するまでの仮の物。しっかり認識し、きちんと最後まで治療を受けましょう。

カテゴリー: 未分類 | 注意仮歯の放置は必ず後悔します! はコメントを受け付けていません

お口のケアがウイルス感染の予防に!

michael-browning-D0ov97Td-xM-unsplash

ウイルスへの感染予防は、歯科医院での定期的なお口のケアが効果的です。お口のケアによるインフルエンザへの予防効果はすでに明らかになっており、新型コロナウイルスにおいても、予防および重症化を防いでくれる可能性があります。

なぜウイルス感染の予防効果があるの?

ウイルスは目や鼻だけでなく、口からも感染します。感染するにはウイルスが粘膜細胞に入り込む必要がありますが、実は、歯周病菌が作り出す酵素(プロテアーゼ)がその手助けをしているのです。

お口のケアを怠ると、歯周病菌は必ず増殖します。つまり、ウイルスにとっては格好の環境となり、感染リスクも確実に高まります。定期的に歯科でケアを行い、歯周病菌を減らしておくことは、ウイルス感染への重要な予防策になります。

誤嚥性肺炎で重篤化する可能性が

高齢になると、飲み込む力が弱くなり、その結果、むせることが多くなります。このとき口内の細菌が肺に入り込み、肺炎を引き起こすことがあります。これが誤嚥性肺炎です。誤嚥性肺炎の状態で新型コロナウイルスに感染すると、重篤化する恐れがあります。コロナウイルスの重症化には基礎疾患や感染前の状態によって危険性が異なります。

感染症予防と健康のために日頃からお口のケアを

お口のケアをしっかりして細菌を減らすことは、より健康に、感染症予防にもつながります。ぜひ定期的に歯科でのクリーニングをおすすめします。

カテゴリー: 未分類 | お口のケアがウイルス感染の予防に! はコメントを受け付けていません

歯周病は認知症のリスクを高める!

九州大学などの研究により、「歯周病が認知症を引き起こす仕組み」について解明されたことが、昨年10月にニュースなどで話題となりました。これまでも疫学的な調査等によって「歯周病菌が口から血流に入り込み、脳に影響を及ぼして認知症のリスクを高める」ことが知られていましたが(2倍にもなるという結果も)、今回はその仕組みが解明され、改めてその関係が裏付けられたことになります。

マウス実験から歯周病菌と「アルツハイマー型」の原因のタンパク質の関係が明らかに

認知症のおよそ半数を占める「アルツハイマー型」の原因は、アミロイドベータと呼ばれるタンパク質が、脳に蓄積することで発症します。今回、マウスを使った実験により、アミロイドベータを脳内に運ぶ「受容体」が歯周病菌によって2倍に増えること、その結果アミロイドベータの蓄積量が10倍になることがわかりました。

今回の実験により、認知症の薬の開発が進むとされています。しかし、今からできることは、歯周病を治療し、さらに定期的な来院で「歯周病菌の温床」となっている「歯石」をしっかりとることです。

さらに歯周病は、脳卒中・心臓病・誤嚥(えん)性肺炎・糖尿病など、さまざまな病気に影響を及ぼすことがわかっています。お口のためだけでなく、健康で長生きをするためにも、定期的なお口のケアはもはや欠かすことのできない習慣です。

カテゴリー: 未分類 | 歯周病は認知症のリスクを高める! はコメントを受け付けていません

お口の違和感?!顎関節症かもしれません!

ある日突然口内の違和感、痛みを感じることがあります。

  • 口を開けようとするとあごが痛む
  • 口を大きく開けることができない
  • 口を開けるとカクンと音がする

もし、上記のような症状があったら、それは顎関節症かもしれません。顎関節症は歯科医院で治療できます。

7割以上が顎に症状アリ?

顎関節症とは、あごの関節や筋肉の異常により、あごが痛い・口が開きにくい・音がするといった症状が出る病気です。あごにそれらの症状を持つ人は7割~8割もいるという調査もあります。

何が原因なの?

顎関節症の原因は一つではなく、いくつかの要因があります。最も多いのは、あごと頭蓋骨の間にある「関節円板」がずれてしまうケース。「関節円板」は口を開けたときに前後に動き、骨と骨がぶつからないようクッションの役割を果たしていますが、これが前方にずれたままになってしまうと、口を開け閉めするたびに「カクン」と音がするようになります。このほか、咀しゃく筋・関節包・靭帯の障害など、顎関節症には様々な原因があります。

どうやって治療するの?

検査などを通して原因を把握し、それに応じた治療を行います。あごへの負担を軽減するためにマウスピースを使用したり、マッサージや習慣の改善といったセルフケアが治療の中心となります。また、あごの筋肉をゆるめるためにボトックス注射をすることもあります。

最悪口が開かなくなることも!気になったら早めにご相談ください

軽症の場合、そのまま治癒することも多いのですが、放置しているうちに、激しく痛んだり、口がほとんど開かなくなってしまうケースもあります。もし、あごが痛い・口が開きにくい・あごの関節がカクンとする、という症状が続くようでしたら、どうぞ早めにご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | お口の違和感?!顎関節症かもしれません! はコメントを受け付けていません

~予防の重要性について~

IMG_0443

こんにちわ。

島原インプラントセンターです(^^)/

保険で根の治療と被せ物ができる国は世界中で日本だけって知っていましたか?

今後、日本でも根管治療や補綴治療が診療報酬から外れる可能性が高いと言われています。

だからこそ定期的な検診が重要になってきます!!

早期発見・早期治療で予防が大切です。

痛くなる前に歯医者を受診して、自分の歯一緒に守っていきましょう(*^^*)

カテゴリー: 予防歯科 | ~予防の重要性について~ はコメントを受け付けていません

コロナウィルスの開発状況について

cdc-_HvUN5xlv7I-unsplash_min

猛威を奮っている新型コロナウイルスですが、薬の開発はどうなっているのでしょうか?
各国で抗ウイルス剤・ワクチンの研究と開発が進んでいますが、簡単には完成しないというのが現状です。

今回の感染症、新型コロナウイルスはこのほかに、インフルエンザ、SARS(2002年~2003年)・MERS(2012年~)などがこれに該当します。
ウイルスによる感染症は、細菌に比べ治療薬を作るのが非常に難しいとされており、SARS・MERSの抗ウイルス薬も開発できていません。

ウイルスは細胞の100~1000分の1と非常に小さいものがほとんどで、構造も単純であることから弱点を見つけることが困難です。そのため抗ウイルス薬は、開発までに数年はかかるのが一般的と言われています。

ではワクチンの開発状況はいかがでしょうか。抗ウイルス薬と同じく開発が待たれるのが、予防のためのワクチンです。
ワクチンとは、簡単に言えば「病原性をなくしたり、弱くしたウイルス」を事前に意図的に体内に入れ、あらかじめ免疫を作るためのものです。もちろん、あくまで「病原性をなくしたり、弱くしたウイルス」を体に入れるため、様々なリスクが伴います。そのため、安全性と有効性を確認するには大規模な臨床実験が必要となり、開発から接種までには年単位の長い時間が必要になると言われています。

一方で、イギリスの製薬大手、「アストラゼネカ」、「オックスフォード大学」が開発を進めている新型コロナウイルスのワクチン。こちらは3段階ある臨床試験のうち初期段階では

  • 接種後に抗体の量が増加。
  • およそ2か月たっても高い水準を維持していた

ことなどが確認されたとして、すでにブラジルなどで臨床試験の最終段階に入っています。

効果が確認されているワクチンの開発は各国で進んでおり、明るい話題も多くありますが、ワクチン開発にかかる時間、量産する体制の整備等考慮するとまだまだ時間がかかると想定して生活したほうが良いといえます。

3密(密閉、密集、密接)を避け、ソーシャルディスタンスを心掛け、は手洗いとうがいの徹底。そして欠かせないのが歯みがきです。菌やウイルスが入ってくるお口の中を清潔に保つことで、粘膜の防御機能が正常に働きます。歯だけでなく、全身の健康を保つためにも効果的。家にいる時間が長い分、歯みがきをいつもより丁寧にしてみてください。

カテゴリー: 未分類 | コロナウィルスの開発状況について はコメントを受け付けていません

今だからこそ口腔ケアが重要です!!

IMG_0834 (2) IMG_0837 (2)

こんにちわ。

島原インプラントセンターです(^^)/

連日、耳にする「不要不急」という言葉。

口腔ケアにおいては「有要通常」です!!

検診を定期的にきちんと受けている方は感染症にもかかりにくいことが分かっています。

世界の有名なリーダー達も3か月に1回歯医者に通っているんですよ(*^^*)

どれほど口腔ケアが重要かわかりますよね!!

カテゴリー: 予防歯科 | 今だからこそ口腔ケアが重要です!! はコメントを受け付けていません