新発想の美しい義歯




一般的に部分入れ歯の場合、残っている歯に金属のバネをかけて入れ歯がはずれにくいようにしています。しかしこの金属のバネは口を開くと結構目立つものでした。そのため人前で笑うのをためらい、引っ込み思案な性格になられる方もいらっしゃいました。

そこで

まったく新しい義歯として登場した「スマイルデンチャー」は、Repid Injection System社によって開発され、約30年近くの臨床実績を持つ、熱可塑性ポリアミド(ナイロン)弾性樹脂を使用しているため、歯に接触する床部分を薄く作るほどその弾力が増し、歯茎に沿って義歯をしっかりと挟み込むので、バネ(クラスプ)を使用せずに義歯を固定することができます。

以前の義歯に比べ装着すると
見た目も付け心地もすっきりとしています。



スマイルデンチャーはアメリカではすでに50年前から普及していて、世界30カ国に広がってる、海外では常識の入れ歯です。

スマイルデンチャーのメリット
◎入れ歯に透明感があり、目立たない
◎薄く・軽く・弾力があるため、よくフィットする
◎食べ物が挟まることが少ない
◎金属のバネがないので、笑顔も美しいまま

工場で完全に品質管理された熱可塑性樹脂なので、金属を使いません。よって金属アレルギーの心配がありません。吸収性も従来のレジンに比べ格段に低く、内部まで汚れ・臭いが染み込んだりしないため、衛生的です。

スマイルデンチャーの特徴
◎主な成分は外科用縫合系ポリアミドナイロン
◎金属を使いません
◎吸水性はアクリル床の10分の1
◎比重が重いため、装着による違和感が少ない
◎寸法変化が少ない
◎熱によって修正することが可能
◎FDA(米国食品医療品局)認可の商品です
◎米国を中心にオーストラリア、ポーランド、日本、カナダ、メキシコなどでも導入済みです。

コメントは受け付けていません。