成人の約8割が歯周病にかかっている?

近年では、30歳以上の日本人の約80%が歯周病だといわれています。しかし、そのことを自覚している方、そして、そのリスクをご存じの方はそう多くありません。今回は歯周病と全身へのリスクについてご紹介したいと思います。

あなたは大丈夫?歯周病のセルフチェック?

『沈黙の病』と呼ばれるほど自覚症状が少なく、気づきにくい歯周病。次の表でみなさんはいくつ当てはまるかチェックしてみてください。

 朝起きたときに口の中がネバネバする
 歯みがきのときに出血する
 硬いものが噛みにくい
 口臭が気になる
 歯茎がときどき腫れる
 歯茎が下がって歯と歯の間に隙間ができていた
 歯がグラグラする

実は、ひとつでも当てはまった方は、歯周病の可能性があるので注意が必要。みなさんの健康が危険に晒されています。

歯周病がもたらす「危険」

歯周病とは、細菌の感染によって歯ぐきや歯を支える骨などが溶けてしまう病気です。歯みがきが上手にできていないと、歯の表面にはプラーク(歯垢)と呼ばれる白い塊が蓄積されます。プラークにはたくさんの細菌が含まれており、細菌が毒素を吐き出して歯ぐきに入り込むことで歯周病を引き起こします。

すぐに自覚症状がないからと軽く見てはいけない。

歯周病によって歯ぐきが赤く腫れると、ちょっとした刺激で出血してしまうことがあります。さらに症状が進行すると、歯を支えている骨が溶けて歯がグラグラと動き、いずれ抜けてしまいます。

そして、それらの傷口などから歯周病菌が血管に入り込み、全身に回ってしまうと、脳梗塞・認知症・誤嚥性肺炎・糖尿病・早産…などなど、様々な病気の原因となりえます。歯周病を放置することは、これらのリスクを放置することに繋がるのです。

歯周病を見逃さないために!

初期の段階だと痛みもなく、自分で気がつきにくい歯周病。予防するには、適切な口腔ケアが大切です。気づかぬうちに歯周病になっていないか、定期的に歯科でチェックしてもらいましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。