その顎の痛み、頭痛、知覚過敏、TCHが原因かも!

TCHとは【食事以外で上下の歯が触れてしまう癖】のこと(Tooth Contacting Habit=歯列接触癖)。この癖があるだけで下にあるようなたくさんの症状を引き起こす可能性があります。

  • あごの関節の痛み
  • 頭痛、肩こり、首の痛み
  • 知覚過敏
  • お口が開けづらい
  • 歯に違和感、痛み

歯が触れるのは1日20分以下

実は上下の歯が触れるのは、基本的には食事のときのみ。時間にして1日20分以下です。そう、ほとんどの時間は上下の歯は触れていないのが正常な状態なのです。「歯ぎしり」「食いしばり」といった大きな力がかかっている場合はもちろんですが、軽く上下の歯が触れているだけでも様々な症状を引き起こすことが、この15年で広く知られるようになってきました。

実は2割がTCHあり!

健康な人でも、およそ2割の方にTCHがあると言われています。それにもかかわらず、自覚している方はとても少ないのがTCHの特徴です。今は症状があらわれていなくても、いずれ問題を引き起こす可能性がありますので、まずは下のセルフチェックをして、もしTCHがあればできるだけ早期に対応することが大切です。

まずは簡単にセルフチェックを

どちらかに当てはまる場合、TCHの可能性があります(当てはまらないからといって必ずしもTCHではない、とは限りません)。もしTCHの恐れがある場合は、様々な治療方法がありますので、どうぞお早めにご相談ください。

準備

1.正面を向いて、上下の唇を軽く閉じる
2.その状態で上の歯と下の歯が接触しないように軽く離す

以下のような症状がある場合は注意が必要です。

口の辺りに違和感を感じる
そのまま数分間維持できそうにない。

もし上記のような症状がありましたら、お近くの歯医者さんにお早めにご相談ください。早めの治療、発見がより歯を健康な状態にし、いつまでも楽しく食事ができることにつながります。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。