お口のケアがウイルス感染の予防に!

michael-browning-D0ov97Td-xM-unsplash

ウイルスへの感染予防は、歯科医院での定期的なお口のケアが効果的です。お口のケアによるインフルエンザへの予防効果はすでに明らかになっており、新型コロナウイルスにおいても、予防および重症化を防いでくれる可能性があります。

なぜウイルス感染の予防効果があるの?

ウイルスは目や鼻だけでなく、口からも感染します。感染するにはウイルスが粘膜細胞に入り込む必要がありますが、実は、歯周病菌が作り出す酵素(プロテアーゼ)がその手助けをしているのです。

お口のケアを怠ると、歯周病菌は必ず増殖します。つまり、ウイルスにとっては格好の環境となり、感染リスクも確実に高まります。定期的に歯科でケアを行い、歯周病菌を減らしておくことは、ウイルス感染への重要な予防策になります。

誤嚥性肺炎で重篤化する可能性が

高齢になると、飲み込む力が弱くなり、その結果、むせることが多くなります。このとき口内の細菌が肺に入り込み、肺炎を引き起こすことがあります。これが誤嚥性肺炎です。誤嚥性肺炎の状態で新型コロナウイルスに感染すると、重篤化する恐れがあります。コロナウイルスの重症化には基礎疾患や感染前の状態によって危険性が異なります。

感染症予防と健康のために日頃からお口のケアを

お口のケアをしっかりして細菌を減らすことは、より健康に、感染症予防にもつながります。ぜひ定期的に歯科でのクリーニングをおすすめします。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。