一般診療

歯の寿命を延ばすための治療を行っております。

 

虫歯の治療を行っただけでは、歯の寿命が延びるということではありません。むしろ過度に削ってしまうことで、歯の寿命を短くしてしまうということがあります。当院では島原、南島原市を中心に歯を80歳まで20本残す8020運動を行っており、歯の寿命を短くすることなく治療を行うことを心がけております。
他に歯周病、歯槽膿漏、知覚過敏処置すべてに置いて出来る限り周囲の歯への負担を減らし、本質的に大事な歯を守る治療をしております。治療の際しっかりとご説明をさせていただきまして、皆様の歯を80歳まで残して快適な食生活をしていただけるお手伝いをさせていただきます。

歯の寿命を削らない虫歯治療

主に虫歯治療で用いられる歯の寿命を削らない治療として

  • 接着シーラント
  • ホワイトハイブリッド

という方式の治療を行っております。

診療科目

  • 虫歯治療
  • 歯周病治療
  • 歯槽膿漏
  • 知覚過敏処置

虫歯治療に関するQ&A

歯磨きしたときに痛むのは虫歯ですか?

様々な可能性が考えられますが、虫歯だけだとは限りません。
歯が削れたり欠けている場合もあります。あるいは歯ぐきが傷ついたり歯周病になっているのかもしれません。一度検査を受けてみることをおすすめします。

1日3回歯磨きをしているのに虫歯になるのはなぜですか?

虫歯が出来る必須3因子は
a:歯質
b:細菌
c:環境
が、挙げられます。この3因子のバランスでは、重なった部分(D)に虫歯が成立し、1つの因子でも欠けていれば、虫歯の発病はないと説明されています。
この因子に時間を加えて、3因子が重複する時間が短ければ必ずしも虫歯にはならないが、その時間が充分であれば虫歯になると言われています。
したがって、歯磨きを十分に行っているつもりでも実際にプラークがとれていなかった場合、食事やおやつの時間がだらだら長く、磨くまでに時間がかかっている場合には虫歯ができてしまいます。

治療前にレントゲン写真はなぜ必要なのですか?

歯科の病気は虫歯だけに限らず目で見て発見できたり痛みが出て気がつくものばかりではありません。痛まないまま隠れたところ見えないところで、知らないうちに広がるケースの方がむしろ問題は大きいのです。レントゲン写真をとることによりそうした見えないところの虫歯を正確に読み取り、確実な治療を行うことに役立てています。なお、当医院ではレントゲンの被曝を最小限にするためにデジタルレントゲンを当初から導入しています。

キシリトールが歯に良いのはなぜですか?

キシリトールは天然由来の甘味料で、虫歯の原因になる「酸」を作りません。
そのため歯の再石灰化を助けることに加え、虫歯を抑制する働きまでしてくれます。

歯周病に関するQ&A

なぜ歯石をとるのですか?

プラークがつきにくい、よい環境をお口の中に作ることは歯周治療の大切な基本です。たとえば、石のように硬くなった歯石は、プラーク中の細菌の恰好の巣です。その歯石を取り除いたり、古くなったつめものの継ぎ目は段差が出来てプラークが溜まりやすいため、きれいに詰めなおしたりします。つまり、プラークそのものを取り除くこと、そしてプラークコントロールの邪魔になるものを極力排除して歯周環境を整えるのです。

治療後に歯ぐきがやせてしまうのはなぜですか?

歯面と歯ぐきをぴったりとしていた状態から、歯ぐきを支えている歯槽骨が破壊されると、「歯ぐきがやせる」「歯が長くなる」と言われる状態になります。歯周炎の治療が終わり、歯ぐきの腫れがひくと目立つことがあります。腫れているときは見えなかった破壊のあとが見えるようになったのです。歯槽骨同様、一度離れた歯ぐきの回復は大変難しいものです。歯肉炎の段階なら、治療後にこのようなダメージは残りません。そのためにも日頃からオーラルケアを受け、健康な状態を保つように心がけましょう。

歯周病を治すには生活習慣を改めるとよいと言われました。なぜですか?

たとえば、「遅くまで飲んで、歯磨きもできないまま寝てしまい、次の日に疲れが残ってしまった」「仕事に追われイライラと過ごしてしまう」「タバコをたくさん吸っている」「甘い物が常に口のなかにある」という事はありませんか?歯周病は細菌の感染によるものです。毎日のブラッシング、食生活、ストレス、喫煙によって病状はおおいに影響をうけます。歯周病の治療は、感染源を完全に取り除くだけでなく免疫機能がよく働くような良い生活習慣を身につけることも大切な条件になります。

どうしても抜きたくありません。治療法はありますか?

軽等度の歯周炎の治療は炎症の原因を取り除き炎症を抑える方法ですが、中等度・重等度まで進行してしまうと、歯が動くことで噛み合わせに問題が生じ「噛んで食べる機能」を回復させるという重要な課題が加わります。
このように治療が複雑化する事で治療期間が長く、治療への患者さんの協力や努力もより必要となります。治療費も高くなってしまいます。どうしても歯を残したいのか、入れ歯やインプラントにして食べる機能を回復させるか。大切なのは患者さんが納得して最善の治療方法を選ぶこと、そして健康を維持するためにお口の機能を取り戻すことです。

知覚過敏に関するQ&A

なぜ知覚過敏は自然に痛みが治まるのですか?

チリッとした違和感が一時期あって「知覚過敏かな?」と思っても、いつも痛むわけではないので放っておいたら「いつのまにか治っていた」という経験のある方は多いのではないでしょうか?
知覚過敏には刺激があるたびに飛び上がるような痛みが走るという重い症状から冷たいものを食べたときだけにちょっとしみる軽いものまで様々です。外界の刺激から守ってくれるエナメル質が失われると内部に隠れていた象牙質がむき出しになり神経に刺激が伝わりやすくなります。しかし、象牙質の露出がそのまま全て知覚過敏に結びつく訳ではありません。象牙細管(象牙質から神経に届く管)の入り口を覆ってくれている層があるからです。この層が失われると痛みが出て、層が出来ると自然に治まります。
そのため、フッ素物を使ったり、お口のケアが行き届いていると再石灰化の作用で歯質が回復しますので、そのまま知覚過敏の症状が消える方もいらっしゃいます。人体の神秘ですね。

知覚過敏は現代病と聞いたことがあるのですが、どうしてですか?

実は近年、ストレスによる歯ぎしりや噛みしめをする方が増えています。歯ぎしりは溜まっているストレスを就寝中に発散する行動だといわれ、これはこれで大切な意味を持っています。しかし無意識に行われるため、コントロールしにくいことも困った点です。
現在ではストレスからくる歯ぎしりや噛みしめも知覚過敏の大きな原因であることが分かっています。

しみる時の治療法はありますか?

軽度の状態では、エナメル質や歯ぐきを傷つけないブラッシングやフッ素の含まれたはみがき剤を使うなどのセルフケアから知覚過敏を予防することもできます。でも、ひどくしみる方にはセルフケアの効果だけでは限界があります。その場合、対処療法として、象牙質の表面を保護して痛みを止める治療をします。コーティング剤を塗ったり、歯科用のプラスチックで埋めたりする方法です。歯を削る必要はありません。
ただし、例外として削る場合もあります。知覚過敏は虫歯の痛みとは別の物ではありますが、実際の刺激が神経に炎症を起こし「歯髄炎」になることもあります。万が一、細菌の侵入によって神経に炎症がある場合は表面を保護するだけでは痛みは止まりません。残
念ですが、歯を削って炎症のある神経を取り除くという、大きな虫歯と同じ治療が必要となります。

コメントは受け付けていません。