10年で90%以上の歯が長持ちのCEREC(セレックシステム)

金属の冠の場合、耐久年数は約5年です。
(北海道大予防歯科森田学教授ら)

セレックで作成した冠は10年で94%生存率、20年で82%生存率です。
(スイス、チューリッヒ大Albert Mehl教授ら)

我々は、一度傷ついた歯が元に戻ると言う感じを持って自信を持ってセレックの冠を勧め、行っています。

【セレック】CAD/CAM

CCDカメラで口の中を撮影し、コンピューターを使って削りだして冠や、つめものを作る機械。
今までは、口腔内で形成した歯に、冠をかぶせる場合、 歯型をとり

咬み合わせをとり

4日、5日の技工所での作成期間をおいて、再度来院していただかなければなりませんでした。

このセレックを用いた場合、口腔内カメラで形成した歯・咬み合わせを写し取りますので、1本のかぶせものの場合ですと、約1時間程のお時間でセラミックの冠をその日のうちに被せる事ができます。

コメントは受け付けていません。