歯周内科・・・薬で治す歯周病

薬で治す歯周病

歯周病は細菌類の感染症であるという認識の上に立ち、医学的にその治療法を考え、歯周病菌および真菌の除菌と歯周病病原性のない正常菌叢の獲得を目的とし、外科的な治療法に先立ち、位相差顕微鏡での菌及び菌叢の検査、カンジダ細菌検査、リアルタイムPCR検査(細菌の遺伝子検査)
の後に行う、抗菌剤および抗真菌剤を用いた内科的治療法を言います。

■治療方法

歯周内科治療は位相差顕微鏡で、口腔内に感染している細菌・真菌・原虫などを特定し、それらの微生物に感受性のある薬剤を選択し、微生物叢を非常に綺麗な状態に改善することで歯周病を内科的に治す治療方法です。その治癒経過の確認のために私たちは治療前、治療後の比較できる動画管理システムの導入を勧めています。

治療前の非常に汚れた微生物叢が治療後は非常に短期間で綺麗に改善し、術前・術後の状態が一目瞭然に画像で示されるという利点があります。治癒経過は患者様自身が、はっきりと自覚できる程、歯茎からの出血や排膿が短期間で改善されます。
以前は、長時間歯磨きや外科治療によって1~2年の治療期間でそのような綺麗な微生物叢を獲得していたのです。微生物叢が改善されたら、歯石を除去します。その場合も、微生物叢が改善されていると、冷水痛が非常に少なくなります。

その後、当医院のメンテナンス・プログラムに沿って再発させずに健康な状態を維持して行きます。

歯周内科治療を受けるにはどうしたらよいですか?

当医院にて、初診後治療の流れを説明し、今後の治療計画・方針を患者様と相談、アドバイスして決めて行きます。

治療は何回ぐらいかかりますか?

この治療は、通院回数が少ないというメリットもあります。治療開始日に治療説明を受けた後は、ほとんど自宅で行います。その後治療効果の確認と歯石取りのために受診していただきます。歯石取りの回数はお口の中の状況によって決まります。したがって治療回数は、最低でも2回は必要です。

定期的に薬を飲む必要がありますか?

この治療は、再感染、定期的なメンテナンスの不足、歯磨き不足等によって菌が再発する場合を除いて、定期的にお薬を飲む必要はありません。最初に一度歯周内科治療を行った後は、定期的に歯石取りなどきちんとお口の中の管理をすることによって、よい状態を保つことができます。

コメントは受け付けていません。