予防理念

予防を成功させる9つの理念

  1. 予防(定期メンテ)は患者さんと医院の双方の利益につながる。
  2. 予防の目的は、患者さんに一生豊かな食生活を送っていただく(=QOL向上)ために長期継続的なサポートをすることである。
  3. 長期継続的なお付き合いをしていくためには、医院と患者さんとの信頼関係が必須である。これを唯一実現できるのがコミュニケーション歯科である。
  4. 予防において、コミュニケーションの最前線に立つのはスタッフである。スタッフの協力なしに予防歯科としての成功はない。
  5. 責任をもち、やりがいを感じるスタッフが多くなればドクター・スタッフ・患者さん全ての満足度が向上する。
  6. 補綴においても、最先端の技術を提供することでQOLが向上する。よって、予防歯科ではそれらを提案する義務がある。
  7. 治療に対する経済的対価(高いか、安いか)は患者さんが決めることである。医院がそれを推し量ることは、患者さんのQOLにマイナスの影響を及ぼす。
  8. 短期的に治療の理想を追求しすぎない。患者さんがついてこられなければ意味がない。長い付き合いになれば、患者さんの理解も深まり、いずれ理想の治療ができるようになる。
  9. あらゆる面で、たゆまぬ進歩・改善と試行錯誤が必須である。成功は1日で捨て去る。いつまでも一勝九敗の精神でのぞむ

コメントは受け付けていません。