歯科学研究所、インプラント部会

こんにちは!(^^)!

島原市、島原市インプラントセンターです。

昨日、私を含めスタッフ2人で東京へ、歯科学研究所 インプラント部会の学術集会へ参加してきました。

私たちスタッフがメインとして学習してきたのは、「インプラント周囲炎に対するアプローチ」と「インプラント医療におけるコーディネーターの存在意義」という講演でした。

この二つの公演を聞いて、インプラント周囲炎は、インプラント治療を受けたいという患者さんには、インプラントを植立する前に、インプラントの長所短所を伝え、そしてメインテナンスの重要性を理解して来院を続けてもらうということ、またインプラント周囲炎になる前のインプラント粘膜炎っと分かった時点でこれ以上悪化しないように患者さんと衛生士が一緒にメンテナンスしていかないといけないということがわかりました。

また、インプラントコーディネーターは、ドクターや衛生士と違い、患者さんの心の奥底にある不安や疑問を聞き出した上で、患者さんの立場に立って色々とサーポートをし、そのためには、インプラントに対しての色々な知識を豊富に知っておかなければいけない、ということもわかりました。

この研修を活かすため、私たちは今後、インプラントをしたいという患者さんに、的確な情報やアドバイスを行っていこうと思います。
まずは、質問されて困らないように、知らない所から、勉強していきますφ(..)メモメモ

研修とは別に・・・

せっかく東京へ行ったので、見物してきました☆

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。