だ液検査 パートⅡ


こんにちは。 島原市、島原インプラントセンターです。

7月に入りました!! 毎日ジメジメした日が続いていますね・・・ 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃です。

写真をご覧になりましたか? カラフルでとてもキレイですよね(*^_^*) でも、この写真は、だ液検査の結果の写真なんです(-_-;)
むし歯の原生菌の活動性を安易に色調で判定できる検査なんです。
チューイングペレットっと呼ばれるガムのようなものを噛んで、1ml唾液を採取して指定の容器に入れ、20分間37℃の培養器で培養して検査をするんですが・・・
最初は紺色なんですが、色が薄くなっていけばいくほど、危険値は増していきます!! ちなみに私は・・・
非常に危険な白に近い色でした・・・(;_:)

「このままでは、むし歯がどんどん増え、ひどくなりそうです。 砂糖を多く含む飲食物は必要以上に摂らず、食事や間食は時間を決めダラダラ食いは絶対にやめましょう。ハミガキは徹底的に行いましょう。歯医者さんで指導を受けフッ素塗布を行いましょう。」

っとのコメントでした。 歯医者に勤めているのに…この値はやばい・・・ っということで、その日から毎晩ハミガキ後はフッ素洗口に励んでおります!(^^)!

皆様も是非、だ液検査をしてむし歯になりにくくするには・・・?っということを知ってください! だ液検査に関しては今月号の新聞にも掲載しております。 詳しくはスタッフにお気軽にお問い合わせください☆

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。