イチョウ

こんにちは(^^♪

島原市、島原インプラントセンターです♪

最近は、秋晴れに恵まれ過ごしやすい気候となりましたね♪

島原市の周辺でも、秋の訪れを感じさせてくれる草木を目にするようになりました(●^o^●)

ところで、イチョウが日本に入ってきたのは今から1000年ほど前で、僧侶が中国から持ち帰って伝播したといわれています。当時の中国語ではイチョウを「ヤーチャオ」っと呼んだことから、日本ではイチョウと名前がついたそうです。
イチョウの実といえば秋の味覚「銀杏(ぎんなん)」ですが、銀杏は強烈な臭いがあるので苦手な人も多いかもしれませんが、実のこの臭いには動物たちも苦手なのだとか。しかし、私たち人間はその臭いをうまく取り除き美味しく食べています。
茶わん蒸しの中に入っていたり、そのまま串にさして焼いて食べたり…美味しいですよね(*^_^*)

銀杏だけでなく、他にも秋ならではの食べものがあるので、今しか味わえない旬の食材を堪能してみてくださいね♪

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。